下関市社協の概要

社協の財政基盤は?

下関市社協は、民間財源、公費財源、事業収入など、多様な財源を活用して事業活動を行っています。

《社協の財源》

◆民間財源:
会費、寄付金(一般寄付、指定寄付、香典返し寄付金など)、共同募金 配分金、基金利息など
◆公費財源:
下関市からの委託金や補助金など
◆事業収入:
介護保険事業、障害者自立支援事業などによる事業収入
◆その他:

財団等からの助成金など

社協の職員は?

下関市社協の職員は、業務に携わる事務的な職員のほかに、社会福祉士、介護福祉士、保健師、看護師、介護支援専門員、訪問介護員などの専門職員を配置しています。(約300人)

社協の組織体制は?

下関市社協は、本所のほかに支所を設置して地域福祉の推進を図っています。事業体制

●本所
事業全体の管理や総合的かつ計画的な事業執行を行います。
●支所
地域に密着した地域福祉活動をより効果的に進めるための拠点です。