下関市社協の概要

下関市社協のあゆみ

〈設立の経緯〉

平成17年2月14日
下関市社協・菊川町社協・豊田町社協・豊浦町社協・豊北町社協が合併し、下関市社会福祉協議会が誕生

〈現在の体制〉

下関市社協に本所を置くほか、旧町に支所を設置し、住民の身近な場所で各種福祉活動を展開

社会福祉協議会とは?

 社会福祉協議会「社協(しゃきょう)」は、「地域福祉の推進を図ることを目的とする団体」として社会福祉法に規定されています。
 中央組織の全国社会福祉協議会のほか、全国の市区町村、都道府県に1つずつ設置されており、地域住民や福祉関係団体などで組織する「民間の非営利組織」(社会福祉法人)です。
 また、住民自らが、住み良い地域づくりを進めるために組織している地区社会福祉協議会「地区社協(ちくしゃきょう)」という任意組織もあります。

《組織の性格》《社協の組織体系》

●地域福祉
他人を思いやる心、お互いを支え、助け合おうとする心に基づき、住民参加による住み良い地域づくりを進めることです。
(共存、共生の福祉文化を持つ地域社会づくりを進めること)
●社会福祉法
社会福祉を目的とする事業の全分野に共通する基本的な事項を定めた法律です。
●社会福祉法人
社会福祉事業を行うことを目的として、社会福祉法の定めるところにより設立される法人のことです。
●地区社会福祉協議会
概ね自治連合会を一つの区域として、組織されています。