ボランティア・福祉教育の推進

手軽に出来そう?収集ボランティア

 収集ボランティアとは、使用済みの切手やプリペイドカード、アルミ缶(プルタブ)などを集め、利用団体に寄贈する誰もが身近で取り組みやすい「ボランティア活動」のひとつです。しかも、リサイクル運動・環境保護にもつながる活動もありますので、みなさんも取り組んでみてはいかがでしょうか。
はじめる前に、確認して頂きたいことがあります。それは次の3点です。
(1)活動目的
  収集にあたって自分または自分たちが「何のために収集に取り組むのか」を確認しましょう。
(2)換金方法
  収集するモノがどのように換金されるのか、どこに送ればよいのか確認しましょう。
(3)活用方法
  収集するモノがどのように利用されているのか確認しましょう。

※収集するモノは様々でそれぞれ集めている団体や目的が違いますので、目的をもって集めることが重要です。
※集めるにあたっては若干のルールがありますので、それらについても留意することが大切です。

では、実際に収集しているいくつかのモノをご紹介します。

◆使用済み切手の収集活動

仕組み

1.ボランティアにより使用済み切手が集められる
        ↓
2.集まった切手を各団体(※団体は下記参照)へ送る
        ↓
3.各団体は、業者あるいは切手収集家等へ買い取ってもらう
        ↓
4.換金された代金は、各団体の目的に応じて利用される

若干のルール

1.使用済み切手は余白1cm以上残して切り取る
2.送付費用は基本的に送る側が負担する
3.汚れているものなどは利用できません
※収集団体によっては、取り扱い方法が異なる場合があります

◆全国的に広域な活動をしている団体のご紹介(一部)

・日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)
・・・海外の保健医療事情に恵まれない地に、医療従事者を派遣または現地の医療従事者の学資援助に使用されます。
・誕生日ありがとう本部
・・・知的障害者のための社会啓発運動など展開>

◆使用済みプリペイドカード(テレカ)などの収集活動

活用されるカード

・テレフォンカード
・JRオレンジカード
・パスネット
・図書カード
・クオカード
・ハイウェイカード
※収集の対象となるものは多種多様な絵柄が印刷されているものが多いようです。

仕組み

1.ボランティアにより使用済みプリペイドカードが集められる
        ↓
2.集まったカードを各団体(※団体は下記参照)へ送る
        ↓
3.各団体は、業者へカードを買い取ってもらう
        ↓
4.換金された代金は、各団体の目的に応じて利用される

全国的に広域な活動している団体のご紹介(一部)

・家族計画国際協力団体(ジョイセフ)
・・・アジアやアフリカ等への発展途上国の草の根生活改善運動への支援など
・長谷川ハウス
・・・フィリピンの障害者や家庭に恵まれない子どものための施設建設、女性の自立支援など

書き損じハガキ収集活動

仕組み

1.ボランティアにより書き損じハガキが集められる
        ↓
2.集まったハガキを郵便局で交換する
(手数料1枚5円程度)
        ↓
3.交換された新しいハガキは施設やボランティアの情報通信等に利用されます。

活用方法

・社協、学校、ボランティア団体が中心となって収集しています。郵便局で手数料を支払えば簡単に交換できる取り組み易いシステムです。ボランティア等に関係なくても「リサイクル」と言う点ではどんな団体でも気軽に取り組めます。

◆アルミ缶の収集活動

仕組み

1.ボランティアによりアルミ缶が集められる
        ↓
2.集まったアルミ缶を貴金属廃品回収業者に買い取ってもらう
        ↓
3.換金された代金は、各団体の目的に応じて利用される

活用方法

・すでに自治会や施設、福祉団体でもアルミ缶を収集し、貴金属廃品回収業者に買い取ってもらい、代金を各団体の目的に応じて使用しているところもあるようです。ただし、アルミ缶を保管する場所、その管理、運搬等が必要になっていきますので、十分その団体内で確認が必要です。

“プルタブ”を集める?

「プルタブが車椅子に代わる」といううわさがありますが、実際にはアルミを貴金属廃品回収業者に買い取ってもらい、その代金で車椅子を購入しています。手を痛めてプルタブを缶から取る必要はありません。アルミ缶を集めたほうが効果的です。

下関市社会福祉協議会では、
・使用済み切手の収集
・使用済みプリペイドカードの収集
・書き損じハガキの収集
・アルミ缶の収集(豊浦・豊北支所)
をしています。詳細につきましては、下記までご連絡ください。

 収集ボランティア活動は「コツコツ系」です。「チリも積もれば山となる」ということわざがありますが、コツコツと継続すること、一人の力は小さいけれど、みんなで力を合わせれば大きな力となります。ただし、集め方にも問題があります。収集にはボランティアの協力が不可欠ですが、ずべてが人の善意によって行われるもの。現実には収集物の送料や分別する作業などモノによっては大変な労力を要するものもあります。収集するほうも「善意の押し付け」で終わらず、その目的を理解して、協力して頂けることが何よりも大切ではないでしょうか。

☆お礼☆
 皆様から届けられたプルタブや使用済み切手、プリペイドカード等は、下関市社協を通じて市内福祉施設やボランティア団体等へお渡しし、各団体の活動資金として活用されています。ご協力ありがとうございます。

お問合わせ先

  • 本所地域福祉課 TEL:083-232-2002 FAX:083-232-1522
  • 菊川支所 TEL:083-287-0126 FAX:083-287-0999
  • 豊田支所 TEL:083-766-0641 FAX:083-766-2190
  • 豊浦支所 TEL:083-774-1122 FAX:083-774-3528
  • 豊北支所 TEL:083-782-1745 FAX:083-782-0501