小地域福祉活動の推進

ふれあいいきいきサロン

1.「ふれあい・いきいきサロン」とは?

ひとことで言えば、地域の「仲間づくり」「出会いの場づくり」を図る活動です。
家で閉じこもりがち、話し相手がいない、さびしいといった不安や悩みを持っている方々に声をかけて、みんなで集まって「気軽に」「無理なく」「楽しく」「自由に」過ごせる場を地域の中につくるものとして、参加する方々と運営するボランティアが自由な発想で企画し、自主的に運営する活動です。
高齢者だけでなく、障害のある方、子育て家庭の親子、地域みんなで交流するサロンなどさまざまなかたちのサロンが広がっています。

2.「ふれあい・いきいきサロン」の目指すもの

「ふれあい・いきいきサロン」の取り組みを通して目指すもの・・・それは、「福祉コミュニティづくり」です。
地域に暮らすすべての世代がそれぞれの特色を生かして「ふれあい・いきいきサロン」に参加することで、「ふれあい」「交流」の輪が地域全体に広がっていきます。そして、それが日常的な交流となり、お互いの生活上の心配ごと・困りごとに気づき、「ふれあい・いきいきサロン」で参加者も担い手の区別なく一緒に活動を盛り上げていくように、地域での「支え合い」「助け合い」の活動を進めていくことにつながっていくのではないでしょうか。
そして、身近でお互いの顔の見える範囲である単位自治会・町内会で「ふれあい・いきいきサロン」の取り組みが進むことは、これからの地域が豊かになり、安心できる第一歩になるのではないでしょうか。

3.「ふれあい・いきいきサロン」には、こんな効果が期待できます。

☆参加者にとっての効果

*「孤立・閉じこもりの防止となります」
ご近所の歩いていけるところに「ふれあい・いきいきサロン」があれば、ちょくちょく家から出かけて、いろいろな人と ふれあうことによって、孤独感が癒され、楽しみができ、閉じこもりの防止につながります。
*「仲間づくりの場となります」
たくさんの仲間たちと出会い、話し合い、悩みを共有しあったり、相談しあったりすることにより、仲間づくりの場となり、 支えあいの輪が広がります。
*「生きがい・自己実現を図ることができます」
「ふれあい・いきいきサロン」では、参加者はお客さんではありません。集まった一人ひとりが主役となって自分たちで サロンを創っていきます。
*「生活に役立つ情報提供・情報交換の場となります」
「『ふれあい・いきいきサロン』での情報が日常生活に欠かせない」という声があがるほど、参加者にとって情報収集・情報交換の場となっています。そして、福祉を始めとする生活にも役立つ必要な情報をこれまでよりも直接的に提供することができます。
サロンの一角に情報コーナーとして、福祉サービス・イベント情報を提供することでサロンの場を情報提供の拠点として活用することもできます。

☆地域にとっての効果

*「異世代交流・地域交流の拠点となります」
子どもから高齢者まで幅広い年齢層の住民が参加することによって、世代を超えてふれあい、学びあう場になります。
*「生活上の心配ごと・困りごとの発見・把握の場にとなります」
 活動への参加の呼びかけや、実際の活動を通して住民の声を聞くことができ、生活上の心配ごと・困りごとを発見・把握することができます。また、お互いに共感することで、地域全体の問題として取り組むきっかけとなります。
*「地域の福祉力を高めます!」
 「ふれあい・いきいきサロン」へのさんかを通じて、参加者の「住民同士でつながることが大切!」という実感につながり、「支え合い」「助け合い」活動へと広がっていくことが期待されます。
さらに、サロン参加者とサロンの協力者である民生委員・児童委員さん、主任児童委員さん、福祉員さん、友愛訪問員さん、母子保健推進員さんなどの小地域福祉活動のキーパーソン同士がサロンを通じて連携することにより、小地域見守りネットワークを広げ、日常的な戸別支援につなげていただくことができます。

お問合わせ先

  • 本所地域福祉課 TEL:083-232-2002 FAX:083-232-1522
  • 菊川支所 TEL:083-287-0126 FAX:083-287-0999
  • 豊田支所 TEL:083-766-0641 FAX:083-766-2190
  • 豊浦支所 TEL:083-774-1122 FAX:083-774-3528
  • 豊北支所 TEL:083-782-1745 FAX:083-782-0501